悩みを解消して素敵に変身

診察

再発知らずの美肌になる

ほくろの種類によっては、年齢と共に大きくなるものもあり、酷く目立ってしまう前に専門のクリニックで治療することが大切です。大きさや色など個人差はありますが、特に、鼻の横や眉間の中心など顔の目立つ部分は治療後の処置を気にする必要があります。美容クリニックでは、ほくろを除去する方法として、レーザーで焼き切る方法と電気メスなどで削ぎ取る方法が一般的と言えます。また、円状になったメスでくり抜く方法もあり、皮膚の奥深くの組織まで根こそぎ取りたい場合に行われます。どのような方法でも、少なからず皮膚にストレスを与えてしまうため、除去後に皮膚が綺麗に元通りになることが重要です。そのため、美容に特化した「美容クリニック」で、傷跡を残さないような処置を受けることがおすすめです。特に、大きくて突起があるほくろは、取り除いた後に皮膚を縫合する必要があるため、美容外科手術の経験が豊富なクリニックで施術を受けることがおすすめです。顔など目立つ箇所のコンプレックスに悩んでいる人は、美容の専門家に相談して、綺麗な肌になって人前で素敵に明るく振る舞いましょう。ほくろの除去にはいくつかの方法がありますが、完全に除去して再発を防ぐためには「くり抜き法」という方法がおすすめです。これは、円筒状になったメスを皮膚に差し込み、ほくろとその下にある組織を根こそぎ引き抜く治療法です。ほくろは表面だけ削ぎ取っても同じ場所に再発する性質があるため、除去の際はなるべく皮膚の深部まで取り除くことが大切です。その点、くり抜き法では深部まで差し込んで除去するため、再発の心配が無く、一度で確実に済ませたい人におすすめと言えます。また、5?以上の大きさの場合は、くり抜いた後に突起状の跡が残る可能性がありますが、5?以下の大きさでは跡がほとんど目立たなくなります。さらに、治療の際は、ほくろ部分に局所麻酔をかけて数分で処置を行い、くり抜き後の縫合を行わずに自然に治癒するのを待つため、痛みをほとんど感じません。そのため、5?以下のほくろに関して、確実に、痛みがなく、短時間で除去したい人におすすめの方法と言えます。処置後は保護テープを貼りますが、テープの上からでしたら洗顔やメイクが可能なため、日常生活に影響を与えたくない人にもおすすめと言えます。

Copyright© 2018 ほくろは美容外科で治療の相談をしよう【適切に対処してもらえる】 All Rights Reserved.