美容と健康を意識する

医者

美容のために必要な事

美容は女性にとって永遠のテーマではないでしょうか。憧れの芸能人のような顔を目指したいという願望もあるかもしれません。そのためには、整形などの施術が必要な時もあります。顔の骨格自体を変えてしまうような施術をしようと考えている方や、部分的な施術を考えている方もいるかもしれません。顔のほくろのが気になって仕方がないという方にはレーザー治療をおすすめします。ほくろの原因はメラニン色素を含んでいる細胞が集まった結果できるものです。この細胞を除去するために、レーザーを使用して表面を削ります。ほくろの一部は皮膚の表面に隠れていて、皮膚の表面とほくろを含めて削ります。削っただけなので、ほくろの細胞が少し残ります。それに、メラニン色素を除去するレーザーを照射する事で完全に除去ができるようになっています。治療後は、くぼんでいる状態になっています。しばらくの間赤みがある状態になりますが、数か月すれば綺麗な状態にもどります。炎症を抑えるための軟膏などを塗るようにして、かさぶたになるまではケアをし続けるのが良いでしょう。メスを使った治療に比べて傷跡が綺麗に仕上がる事や、短時間でほくろの除去治療が終わるのがメリットです。レーザー治療をするための費用は、ほくろの大きさによって変わります。自由診療になるとほくろが大きくなれば当然に費用がかかり全て自己負担になります。保険の適用があると自己負担は30%で安く仕上げる事ができます。しかし、炭酸ガスレーザー治療の場合は、保険が適用外となります。美容整形を目的としている場合は、ほくろのサイズを確認してレーザー治療をするのかどうかの判断をしましょう。もし、ほくろが悪性であった場合は別途費用がかかってしまう事も考えられます。レーザー機器は、どのような物を使用しているのかを事前に確認しておく事も重要です。高性能な機器を使用しているクリニックでは、取り残しや再発の確率が低くなります。機器の状態が最新である事と医師の腕も重要になります。直接、外科に問い合わせてみるか、インターネットでホームページを閲覧する事で事前の情報を集めるようにしましょう。

Copyright© 2018 ほくろは美容外科で治療の相談をしよう【適切に対処してもらえる】 All Rights Reserved.